ステップアップ・自己啓発目指すなら!社員教育用インバスケット教材開発のインバスケット研究所

インバスケットトレーニング



バイアスとは

バイアスとは


バイアスとは考え方の癖のことです。

これは全ての方が持っているものです。感情のある人間ですから当然とも言えます。
ただ、バイアスが強過ぎると、時に合理的なプロセスを辿り、良い判断へ辿り着くことを邪魔してしまいます。

では、バイアスを防ぐためにはどうするのか。前述のとおり、人間である以上、完全にバイアスを取り除くことはできません。
しかし、インバスケットを使用することで、あなたが持つバイアスを回答から読み取ることはできます。

自分にどのようなバイアスがあるのかを知った上で、案件処理や業務遂行に臨み、
できるだけバイアスが出ないようにコントロールすることが重要なのです。
以下に代表的なバイアスをご紹介いたします。


バイアスの種類

自信過剰

自分は素晴らしく、優れている、そしてどんな事態でも対応することができる。
自分の判断は間違っていないと考えることです。

このような方は、自分の判断を検証することや、自分の判断をより正確にする情報収集などを怠る傾向があります。
自分の判断に自信を持っているからです。

先送り傾向

期限までにすればよい、今処理する必要は無い、という考えです。
時間の整理の概念が欠如してしまっている方、また完璧主義者や失敗を極端に恐れる方に多い傾向です。

このような方は、優先順位設定が苦手です。
時間軸だけでなく、重要性を考えた優先順位設定を学ぶ必要があります。

短期的欲望追求

長期的に考えず、目先の利益を重視する傾向のことです。
目先の利益を追求することで、結果的に長期的利益を失う判断をしてしまうのです。

このような方は、すぐに判断をしなければならないと思い込む傾向があります。
今判断をする必要があるのか、という判断も必要です。

もう一つの考え方として、物事の価値観を金銭という分かり易い尺度で捉えられている方にもこのバイアスが見られます。
つまり、将来のブランドよりも、今日の現金を選ばれる方が多いのです。

予防やリスク回避などの重要度の高い案件より、締切期限の迫った重要度の低い案件を優先的に進めることが多いのも特徴です。

得意分野重視傾向
自分の専門分野や得意分野を重視してみる傾向です。
このような方は、自分の得意とする分野を好んで重視する傾向が見られます。

判断正当化傾向
判断に生じるリスクを知った上で判断することは重要ですが、時にそれが
自分の判断を無理やりに正当化するための、無謀な情報収集であることがあります。

インバスケットにおける情報収集は、自分の判断の正当性を論理的に立証するものですが、
このような方は、判断におけるリスクを打ち消す情報しか集めないため、失敗したときの行動や指示ができなくなることになります。

自己利益追求傾向

自分や自分の部署だけの利益を重視するあまり、相手に負担を背負わせたり、組織全体の利益を軽視する傾向です。
価値観や判断の基準を自分にとっての損得勘定に置き換える傾向があるために、
企業としては利益が出るのに拒否したり、更に悪化すると、企業の組織運営の妨害をしたりするなどの判断をすることがあります。

このような方は、個人の成績が重視される部署にある方や、リーダーとして自部署を守ることが絶対の使命と理解している方など、個人では成果を出すプレイヤータイプが多いようです。

傍観傾向

自分の責任範囲で起きていることなのに、 傍観的に判断したり、もっと悪くなると、誰かが判断するだろうと判断を避ける傾向です。
管理者やリーダーにとって、判断や意思決定は重要な責務です。これを避けるというのは、職務の放棄とも言えます。

このような方は、気質的なものがあるため、自分がその傾向にあると気づくまで時間がかかるようです。



インバスケットの効用
癖とは、ご自分ではなかなか気づけないものです。
特に思考に関しては、誰もが自分では間違ったことをしていないと思っているため、他人からそれを批判をされれば気分を悪くするのは当然です。
そのため、周りも指摘をしてくれる人はごく少数なのです。
また、指摘をしてくれたとしても、何がどのように悪いのか論理的な指摘でなければ、人はなかなか受け入れません。
インバスケットでは、ご自身の考え方を基にフィードバックを受けますので、言い逃れのできない結果が表れます。
ご自分が持つバイアスを知り、受け入れる。
その上で、ご自身のバイアスとうまく付合っていく方法を考えていただくきっかけとしてインバスケットはご活用いただけます。
ページの先頭へ | インバスケットトレーニング メインページ インバス!メインページ | インバスケット問題集販売コーナー
会社概要 |サイトご利用にあたって | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright© 2008-2017 Inbasket Research Institute, Ltd. All rights reserved.