ステップアップ・自己啓発目指すなら!社員教育用インバスケット教材開発のインバスケット研究所

インバスケットトレーニング



トレーニングの準備

インバスケットトレーニングを始める前に


明確な目標
 何のためにトレーニングをするのかを明確にすることで、大きな推進力とします。

トレーニングできる環境
 集中できる環境
    ・朝一時間早く起きて自宅でトレーニングを行う ・休日に図書館に行く ・早めに出勤して会社の会議室を利用する.....
  方法は様々です。あなたの一番集中できる環境を見つけましょう。
  移動の時間にも、弊社メルマガなどをお楽しみいただけます。

 
テキストや問題集の教材
 テキストで知識をつけてから問題集を実践されることをお勧めします。
 スポーツで例えるなら、まずはルールや道具の使い方を知ることから始めることに似ています。
   入門書のレポート、ドリルをご紹介しております。ご活用ください。
 インバスケットレポート インバスケットドリル  


 問題集については、ご自身のレベルに合わせて購入されることをお勧めします。
   情報サイト「インバス!」では幅広いレベルの教材をご紹介しております。
 インバス!インバスケット試験対策情報サイト

 
トレーニングの進め方

トレーニングを始めましょう

・主人公になりきる
インバスケットでは、回答者が同じ環境で回答できるように、
今まで身につけた経験などが使えないように配慮されています。
特に、主人公の役職に視点が置けなければ、問題は見えてきません。
・自分の置かれている環境を把握する
用意されている資料や環境の説明から、自分には何を求められているのかを理解します。
資料の隅から隅まで見る必要はありません。自分の置かれた環境が把握できれば、案件処理に入りましょう。
・当事者意識を持ちましょう
傍観者的なコメントや、評論家のような論文はいりません。
インバスケットでは実際にその現場で判断や指示を出す行動が評価されます。
反対に役に感情移入しすぎて、実際のビジネスの視点で見てしまうのもいけません。
主人公の視点と、第三者的な冷静さ両方が必要とされます。
・フレームに沿った問題解決
物事を進めるには手順があります。案件処理や問題解決にも手順があります。

基本的なフレーム

問題発見
問題分析情報収集複数の対策の立案合理的な意思決定対策の実行結果のフィードバック


この手順は、全体の環境や案件の特性によって異なります。主人公の置かれた状況と照らし合わせながら考えていきましょう。

ページの先頭へ | インバスケットトレーニング メインページ インバス!メインページ | インバスケット問題集販売コーナー
会社概要 | サイトご利用にあたって | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright© 2008-2017 Inbasket Research Institute, Ltd. All rights reserved.