ステップアップ・自己啓発目指すなら!社員教育用インバスケット教材開発のインバスケット研究所

インバスケットトレーニング



ご存知ですか?
今、インバスケットが注目されている理由を。


インバスケットが注目される理由。
 それは結果だけではなく、結果に至るまでのプロセスを重視する手法だからです。

毎日繰り返す判断をより正確に、よりスピーディに行うトレーニング法です。
トップページ >インバスケットとは(1)

インバスケットとは?


正式名称は「インバスケット・ゲーム」

一口に「インバスケット」といっても、インバスケットの後に付く名詞によって、意味合いが違ってきます。
例えばインバスケット・ゲームであると、教育・訓練的要素が高くなり、
テストになると試験的要素が多くなり、
技法がつくと案件処理の効率的解決の方法としての意味合いとしても取れるようになります。


企業で管理能力のトレーニングやアセスメントに使用されています

このインバスケットは直訳すると「未処理箱」です。
架空の業種の役職について、未処理箱の中の案件を一定時間で処理するビジネスゲームです。



指定された役職を演じることを要求され、そしてほとんどの場合、全く経験したことのない業種・役職が設定されます。
実際の試験ではあなたの置かれている環境が説明され、大半のパターンが人事異動で、ある部署の管理職として着任し、前任者は何らかの形で連絡が取りにくい状態にあるとされます。


あなたは前任者の残した山のような案件を処理する為に、前任者の机に座る。という設定でスタートします。
しかも状況は悪いことに、あなた自身も長期出張などで明日から数日間業務の出来ない状態になり、その間は外部と連絡が取ることができず、残されたほんの数時間で案件処理を迫られます。
更に会社の休日や社内旅行と重なり、直接部下や上司と連絡を取ることが出来ずに、手持ちの資料の中で判断を迫られるのです。

以上のような実際にはあり得ないほどの過酷な環境と状況が設定されていることが多いのは、
このテストが、管理職として強いストレスと、厳しい制約を感じる環境下での冷静な判断能力を試す一面もあるからです。

インバスケットが注目されている背景

正しい判断に至るまでのプロセスの考え方が身につきます

インバスケットは結果よりも、結果に至るまでの仕事の進め方や考え方などのプロセスを分析・評価します。

問題の本質を理解し、必要な情報を収集し、分析。
その上で複数の対策を立案し、選択し、組織を活用し課題に変え、目標に向かって解決を図る。

本当にこのプロセスに沿って判断まで至っているでしょうか。

今インバスケットが注目されているのは、今までになかった上記のようなプロセスを重視した教育法で、即、業務遂行能力となるからです。

インバスケットでどんなことができるの?

問題発見力や判断力・組織活用力などの能力のアップが期待できます

現在使われている用途は
・管理者・リーダー・経営幹部候補者向けの昇進、昇格アセスメント、研修
・正社員登用・専門職から総合職への転換トレーニング・アセスメント
ですが、

 最近では自己啓発教材として注目されています。

ページの先頭へ | インバス!メインページ |  インバスケット問題集販売コーナー |  会社概要  |
サイトご利用にあたって  | プライバシーポリシー  サイトマップ

Copyright© 2008-2017 Inbasket Research Institute, Ltd. All rights reserved.